So-net無料ブログ作成
検索選択

ここまで鈍っているとは?! [語学]

中検二級目指す!と豪語してから、何日たったのか?!
すでに心折れかけ?!です。

覚えられない。残らない。頭のどこにも。

しかし、食パンの材料の量は覚えています。強力粉がいくらで、砂糖はいくらで・・・・。

ということは、中国語に接する頻度がまだまだ足りないのか。

はあああああ、覚えられないのではなく、覚える努力をしていないだけ。

それはわかっているけれど、できひんねんて!ほんまに!!!

もう反面教師のまんまでいいかなぁ♪と、逃げ度95%です。

扉を見つける?! [語学]

image.jpg
娘がお小遣いでとっている新聞。ジャパンタイムズの英語学習者用版?です。

家事をしていると、娘が読み聞かせてくれます。

『目からウロコの英文ライティング』というコーナーがあり、私のお気に入りの一つです。

娘の読む声に、ふっとひっかかるものが。

「第2文型が苦手だ・・・」

娘にその箇所を再度読んでもらったのですが、確かになんだかひっかかるけれど、すっきりしない。

とても素敵なものを、私が理解できていないような、そのヒントというか、そのものスバリをいってくれているような。

私が通った中高は、英語に力を入れている学校で、中1の最初の授業から、5文型でした。

入学する前に、アルファベットはもちろん、筆記体まで練習さされ、簡単な単語も覚えてくる課題が出されました。

なので、最初から、筆記体で名前をかくのが当たり前?とされました。

5文型の判別?練習も徹底的で、長文を延々と、SV.  SVO.  SVIODO.とわけさせられました。

そのときの第2文型に対する私の理解は、

※SVCのCは、主格補語。SVOCのCは目的格補語。

※Cは名詞か形容詞。もしくは相当語句。

※SVCのVは、be動詞が代表格。
あと、becomeやfeelなど有り。

こんな具合です。

で、第2文型は、she's a girl.  She's  pretty.  ぐらいの単純なものばかりという印象でした。

第2文型で気をつけるのは、冠詞がいるかいらないか。すなわち、Cが名詞か形容詞かを気をつけること。

↑これだけでした。

だから、英作文に使うような複雑?なもののときには、あまり活躍しない文型だと。

しかし、英語らしい英語。すっきりした英語を気にするようになってから、形容詞と副詞が鍵を握っているのでは?と、感覚で目星をつけていたのですが、それもちゅうぶらりんのまんま。

まだ、ばっちり見つけた!とは言えないのですが、この第2文型をとるbe動詞以外の動詞と、形容詞のペアーが怪しい!

なぜここが抜け落ちていたかというと、一つの動詞で、自動詞にも他動詞にもなるものがたくさんあり、その区別があやふや。一つで、形容詞だったり副詞だったり、はたまた名詞も兼用?というhardのような単語もうじゃうじゃいる。

それにお手上げ?なのです。

ロールプレイングゲームで、超えたと思い込んでいた最初の方のステージに、実はすごい道へ直結する扉がまだ残っていた?ような感じ。

扉を開けてみたいです♪

Beautyちゃん!? [語学]

「His daughter, Beautyになってるねん。」
と娘に言われて、えっ?!と驚きました。

最近、学校の図書室にレベル別の多読用英語本が揃っていることに気づいた娘は、休み時間に読んでいるようで、『美女と野獣』を読んだようです。

私が学生のとき、ディズニー版の『美女と野獣』の主題歌を聴いて、Beauty and the beastのBeautyになぜtheがつかないのか?と疑問におもいました。

その頃は、「Beautyはある美女だけれど、その美女に対する野獣は限定されるからtheがつく?」
と、なんか自分でも納得のいかないうやむやな説を考えていました。

あれから20年以上たち、娘に教えられました。

固有名詞ですかぁ。ビューティちゃんでしたか!!!

固有名詞説も頭によぎったこともないわけではないのですが、そうではないとおもう理由があったのです。

学生の頃、フランス語版の白黒映画で美女と野獣の実写版をみたことがあるのです。

その中で、野獣は、「ラ ベール」と呼びかけるのです、ビューティちゃんに。

私はフランス語の知識を持ち合わせていません。なので、英語と同じように、「laは冠詞だろう。ベールは美女という名詞か美しいという形容詞だろう。固有名詞には冠詞はつかないんだろう」と推測したわけです。

なので、フランス語のla Belle et la Bêteが頭にあったので、ビューティちゃんが思いつけなかったのです。

(あれ?野獣って、女性の冠詞なのですか?!)

この固有名詞説、ビューティちゃんが、もしかしたら、「おい!それはちがうぞ!」という勘違い説Part2なのかもしれませんが?!

娘が順番に読んでいるペンギンブックシリーズ。なかなか役立ちますねぇ♪








時制の意味?! [語学]

娘が英語に関することを話すことが増えてきたなぁとおもっていたら

「時制の意味がわかった。」

と突然言い出しました。

時制の意味?

ホビットの映画のあるセリフに

"He was a friend."

というのがありました。

娘は、ここで現在完了でも、現在形でもなく、過去形である必要性、意味を実感したのだそうです。

過去形であるから、哀しさ、淋しさがこみあげてくる。

へぇ〜♪たいしたもんやん♪

「いつも、時制なんてどれでもええやんとおもっていた。なにが違うねんなぁ!といやになっていた。曖昧やし。お母さんのいう『文脈の中で意味がわかる。』がなんのことかわかった。」

さて、わかったんでしょうかねぇ♪

ことばは、相手になにかを伝えよう、わかってもらいたいという気持ちを表出させるための道具だと私はおもいます。

その道具を洗練されたものにするために、文法を学び、長文読解の訓練をする。それが語学の大きな仕事だと考えています。

より正確に、誤解のないように伝えるために、この訓練は必要不可欠だとおもいます。

偉そうにいっても、私はきらいでしたが。文法問題も構文を覚えるのも。

なぜ過去形か?について熱く語る娘の話を聞きながら、ふとおもいました。

文法や読解を叩き込むのではなく、ことばの楽しさ、必要性を実感できる機会を娘に提供するのがわたしの役目かもなぁと。

・・・・・・・・・。

さて、具体的にどうすればよいのやら?!

















音で覚える、文字で覚える [語学]

幼稚園の頃、向かいの家の兄妹と私と妹とで英語を習っていました。先生はとても美人なお姉さん先生でした。
jack in the box,  jack'o lantern
そのころ音を気に入って覚えた単語が沢山ありました。今でも覚えています。
ビンゴをしたこと。歌を歌ったこと。
"Row row row your boat gently down the stream!  Marrily marrily marrily marrily.  Life is but a dream!"
自慢になりますが、これ、中学ぐらいかな?高校かもしれません。英語がわかるようになって、自分が歌う音を文字に置き換えて、なんとまぁ!完璧に歌えてたんやん♪と驚いたことを覚えています。
単語は音で覚えるものだと勝手に思っていました。
例えば、私はmilitary, cemeteryを対でおぼえているのです。
陸軍とお墓?意味ではなんの関連もありませんが、音がにている。
単語をどうして音にできたかというと、発音記号が大好きだったのです。だから、自分で発音して音を覚えました。
なぜ、今更?こんなことほりおこしているか?というと、中国語でも同じようにおぼえているのです。意味はでてこないけれど、音は出てくる。話してみて、これ、どういう意味だったっけ????となる。
単語の覚えかたに特に注目していなかったのですが、娘に英語を教えていて、あれっ?っと気づいたのです。
最近の英語の教材は、長文読解の問題集にまでCDがついていたり、音声をダウンロードできるようになっていたりして、なんて素敵なんだろう♪と感動していたのですが、娘にはそのありがたさがピンとこないようなのです。
目で単語を覚える人がいるということを、娘をみて、知ったのです。
単語は音で覚えますか?目で覚えますか?
どっちが多いんだろう。我が家では2:1
主人も娘も目から。私は耳からです。

はまっていること [語学]

「中国語の発音が難しい。」

「四声のちがいがわからない。」

という声を聞いていて、中国語は発音で四苦八苦するのかぁと思っていたのですが。

私は、四声だけは得意中の得意です。
四声があるから、面白くて続けているようなものです。

例えば、大はdaと発音します。上から下へターと発音する。

打はこれまたdaと発音しますが、これはゆっくり下から上へターと発音する。

こんな説明で、わかってもらえるわけがないですが。

ちなみに、大は4声、打は3声の発音となります。

一つの漢字に一つの声があります。品詞によって声が変わったり、複数の発音がある漢字もありますが、基本は一文字一つの読み方、声です。

これのなにが面白い!?と言われればなんとも言えないのですが、私には面白いのです。

運転していると、他府県ナンバーの車が走っています。
名古屋ならming2gu3wu1
アルファベットの後ろの数字は四声を表します。
滋賀ならzi1he4

連休などは観光で他府県ナンバーが続出!

今日も山形と鳥取、そして湘南を見つけました♪

目にする漢字を変換して、わからなかったら後で調べる。

単語を覚えられるわけではないのですが、音は覚えられます。

覚えるためじゃなくて、なぜかものすごくおもしろいのです、これが。

みたことないようなレアーなナンバー、こい!と叫びたくなります。

気が散って、運転大丈夫なのか?

事故をおこさないように、安全運転をこころがけます。


単語の覚え方 [語学]

運転中。後ろの席でラダーブックを頑張って?読んでいる娘がぽつりと質問。
"I doubt it would rain."

意味がわからないっと。
私:
「雨が降るとはおもえへんなぁ。雨が降るなんて考えられへんやろう!」
doubtだし、wouldもあるし、前の方に"perfectly blue sky"っていう記述もあった。
相変わらず感覚的なというか、アバウトな私です。
娘にすれば、このwouldはなんだ?とひっかかったのでしょう。doubtは「〜を疑う」that節のthatが省略されていて、で、なぜwould?
「仮定法っぽいかなぁ。thatじゃなくて、if節かなぁ、doubtやから。後ろのことは否定的な見解なんやとおもう。」
これまたほんまか嘘かわからない?私の感覚だけの答え。
「doubtは、後ろが不確かやねん。後ろのことはそうではない!とおもってるねん、話者は。だって、疑ってるんやもん。」
だめ押しのええ加減な答え。
「言葉があって、その規則性を探そうとして文法ができる。だから、言葉を文法で100%説明できない。もっとクリアーに、文句つけられんような文法を!って頑張ったはる段階やとおもうけど。それに話している人、書いている人が文法的にあっている言葉をつかっているか?もあやしい。洋書は四割わかったらそれでよしとする。出版されている翻訳本でも、筆者の意図することから離れていて、『なんですか?これ?』っていう訳があるかもしれない。言葉やその人のくせっていうのもあって、助動詞なんかは、感情が絡むから、どういう意図かっていうのを完璧に理解するのは、無理じゃないかなぁと私は思っている。最初の頃は、内容を全くトンチンカンに読み取っていても、読破した!っていうことの方が大切。どんどんとばして読んでいったら?」
娘は、こいつに聞くのが間違いだったという顔をしておりました♪
娘が帰ってきたらこの本をわたしてやりましょう。
彼女の怒り?もおさまるのでは?
image.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。