So-net無料ブログ作成

夏も過ぎて秋 [マーメード語る]

今年もどうにか夏を乗り越え、どうにか秋へ突入?!
高校生活を謳歌?してきた娘も、やっと受験生らしくなってきました。
といっても、まだまだのんびりしていますが[あせあせ(飛び散る汗)]

「18で家を出る」というのが我が家の?わたしのポリシー。地元の大学に通うことになっても家は出てもらう。そういいつづけてきた手前、ここは頑として貫くつもりですが。

昨夜、よく信号待ちでとまる交差点のスーパーにふと目をやると。一人の大学生らしき男の子に目が止まりました。

「春先にみたこだ・・・」

4月、買ったものを袋詰めするすがたをみかけたのです。買い物をしたことがないのか?とはらはらするぐらいのたどたどしさ。袋も有料になっているのに・・・。袋に詰めるだけで、あれだけなにかとまどうことがあるのか?とおもうぐらいの違和感。

一人暮らし始めたばかりなんやろうなぁ。大学で友達できたんやろうか。今日一日、誰とも喋ってへんって状態じゃないだろうか。

「親御さんがみはったら可哀想で泣いてしまうやろうなぁ」

と、全く関係のない赤の他人のわたしがじわ?っと涙ぐんだほどの有様でした。

その彼が、半年のちの昨夜、熟練の技?のようにさっそうと袋詰め中でした。違和感はなく、となりの主婦の袋詰め姿と比較しても見劣りしない堂々とした姿。そして、エコバック!スーパーの景色に溶け込んでいました。

学費に加えて生活費。自宅外よりももちろん自宅通のほうが経済的にもありがたい。大学だらけの地に住んでいて、何を好き好んで?といわれているのも事実。お金のことだけではなく、女の子の一人暮らし。まわりに、やいやい言われなくても、心配だらけなのは承知です。

しかし、あのスーパーの彼の成長をみて、やはり「18で家を出る。」わたしの贅沢?わがまま?を貫こうとおもいました。

わたしの子離れの時期も間近です♪




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。