So-net無料ブログ作成

とき [読書ノート]

わたしにとっての不思議な縁がある本。

明恵 夢を生きる

明恵 夢を生きる (講談社プラスアルファ文庫) 出会いは大学時代。

授業の内容に何にも関係がなかったのですが、教授が「明恵という高山寺のお坊さんは、ずっと自分の夢を記したはって、それがなんと残ってるんだ。」とおっしゃったのが、頭に残って、探してみたら、すっと本がみつかったのです。

そのとき、この本を読んだのか、他の作者の『夢記』を読んだのかはっきり覚えていないのですが、えらく感動したのです。

そして、自分の夢の記制作にチャレンジ!がしかし・・・。

夢をみた!とおもったら、すぐ起きて枕元のメモに書き留める。そんなことを続けていたら、夢をみるのが目的になって、しんどくなってきたのです。寝ているときもなんだか緊張しているような・・・。寝不足になったのでしょう。

あっという間に、断念。

それから、10年以上?たって、またふとこの本をめにし、懐かしくて購入。

がしかし・・・。そのとき読んでみても、読めなかったのです。こんなに読みづらい文章だったか・・・???違う本だったんだろうか???とおもうぐらい読みづらい。意味が頭に入ってこない。

これまた、断念。お蔵入り。

そして、また10年近くたって。

読む本がないなぁ・・・と本棚をがさがさ探していて、これ、読んでみようか・・・読むものないし・・・としぶしぶ手にとり・・・。

意味がわかるのです。というか、引き込まれていくのです。この本に。

なぜ、読めたり読めなかったりするのでしょう。読めない!ぽい!っと売り払っていた本たちも、もしかしたら「読めるとき」があったのかもしれません。

でも、なぜこの本、売り飛ばさなかったんだろう。それも不思議です。

なにか、縁があるのかもしれませんねぇ、この本と。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。